読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立教SPCブログ

立教大学フリーペーパーサークルSt Paul`s Campusのブログです。

103号発行に関するお詫びと訂正

こんにちは。3年の藤澤です。

103号発行のお知らせをしたばかりですが、今回かなり多くの不備が見つかりましたので、そのご報告をしたいと思います…!(_ _。)

以下の訂正紙を本紙に挟んで配布しておりますので、ご確認いただきますようお願いいたします。

平成25年12月4日

【St. Paul’s Campus 103号発行に関するお詫びと訂正】

読者の皆様、関係者様各位

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

12月1日に発行致しました『St. Paul’s Campus 103号』におきまして、不備がありました。

正しくは以下の通りです。

p.8下段 藤島巨樹様インタビュー記事

質問文の前後が逆になっておりました。

【誤】

個人的には、来年からまた芝居を復活させようと思います。元々が役者なので。やりたいことはいっぱいあって、リストが頭の中に出来ているんですけど、まず俺が生きてるうちに全部は出来ない。にも関わらず、やりたいことがどんどん増えていくんだよね。だから優先順位をぐるぐる自分の中で入れ替えて、片っ端から死ぬまでやるだけです。

――これから挑戦していきたいことはありますか。

俺の所属しているJHDA(Japan Hip-Hop Dance Association)でのイベントの企画は、本当に新しく一からやることになるので、とにかくそれに力を入れたいです。JHDAは日本全国のダンスを踊る人のための協会ですが、現在どうやったらダンスがスポーツと同じように浸透するかということを考えています。今度のイベントは47都道府県対抗という形にしようかとも思っていて。そうすると地域全体も盛り上がりますよね。オリンピックを見ていても、スポーツが全ての産業を盛り上げるというのは自明の理ですし。

【正】

俺の所属しているJHDA(Japan Hip-Hop Dance Association)でのイベントの企画は、本当に新しく一からやることになるので、とにかくそれに力を入れたいです。JHDAは日本全国のダンスを踊る人のための協会ですが、現在どうやったらダンスがスポーツと同じように浸透するかということを考えています。今度のイベントは47都道府県対抗という形にしようかとも思っていて。そうすると地域全体も盛り上がりますよね。オリンピックを見ていても、スポーツが全ての産業を盛り上げるというのは自明の理ですし。

――これから挑戦していきたいことはありますか。

個人的には、来年からまた芝居を復活させようと思います。元々が役者なので。やりたいことはいっぱいあって、リストが頭の中に出来ているんですけど、まず俺が生きてるうちに全部は出来ない。にも関わらず、やりたいことがどんどん増えていくんだよね。だから優先順位をぐるぐる自分の中で入れ替えて、片っ端から死ぬまでやるだけです。

p.10 29行目 福山桜子様インタビュー

【誤】エンターテイメントには現実を忘れられる

【正】エンターテイメントには現実を忘れ

p.24、25 池袋お役立ちMAP

立教大学付近の地図が間違っていたため、1番、2番の位置が変更になりました。

【正】

立教大学 St.Paul's Campus-訂正

クリックで拡大

また、7番、8番の位置が逆となっておりました。

p.29 Special Thanks Sponsor

【誤】立教トラベル →【正】立教トラベルプラザ

【誤】Gallery Zoo →【正】Gallery ZO

【誤】TSUTAYA西池袋店 →【正】TSUTAYA池袋ロサ店

以上が正誤一覧になります。

日頃から入稿前にはチェックを実施しており、本来であれば防げたミスでございます。

今後は二度とこのようなミスの無いよう、確認作業をさらに徹底するとともに、各自が細心の注意を払う所存でございます。

読者の皆様ならびに関係者様各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

どうか今後とも変わらぬお引き立てのほど宜しく御願い申し上げます。

立教大学St. Paul’s Campus代表 藤澤文郁

以上になります。

本当に申し訳ありませんでした。

今号は3年生の引退号でもありましたので、このような形で最後を締めくくるのは大変心苦しいところではありますね…。(´д`lll)

私がこのブログを書くのも(多分)最後。

3年間色々あったなあ、と思いつつ、今後もSPCをよろしくお願い申し上げます。

この間池袋西口のお祭りで、SPCのすっっっっっごい前のOBだという方とお話しする機会があったのですが、歴史あるうちのサークルがこの先も続けばと思います。

それでは103号、どうぞよろしくお願いします!