読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立教SPCブログ

立教大学フリーペーパーサークルSt Paul`s Campusのブログです。

入稿第一陣!アホな話。

ふたたび、ポリうみです。

今日の1日の流れについて、勝手に振り返ってみます。

【AM10:15 とり、のん、のりが、アイビーに集合】

ここから約2時間、各自がつくってきたページのデータを手直しし、

ページ順になるように並べて連結させるという作業を、ゆるゆると

行う。

途中、先月アメリカに旅立った副編集長あずしとスカイプチャット

をして、現地時間23時のあずしに向かって怖い話をふっかける。

こっちが真昼間なのをいいことに。ウシシシシ(^^)

さて、その作業中に、3人の間で出てきた話題・・・・・

のん氏のインターン体験談を興味津津に聞いていると、なぜか話は

ナントカバーガーの話に。

このナントカバーガー、下水汚泥の中からタンパク質や炭水化物を

抽出し、い~い感じにブレンドして固めてお肉にしたものが挟まって

いるという。

ナントカバーガーを知らなかった私は、衝撃とともに、矢継ぎ早に

湧いてくるたくさんの疑問の矛先を向けるところがなくて、さあ大変!

これって有名なのかな?

ご存じなくて気になる方は、ぜひ検索してみてください!

ナントカバーガーを、私がナントカって言っている理由がわかります。

仮にもレディーの端くれだもの。ナントカとしか言えません。

まあアイビーで3人して、このバーガーの名前を連呼していたことは

言うまでもない。

【PM12:45 のり、とり、のんが印刷所に向けて出発】

電車を乗り継いで、印刷所の方との待ち合わせに向かう。

例のブツ(USBメモリ)を渡しに、いざ出陣!

話の発端は、電車の中の「夏休みの宿題~」と書かれたエステの広告。

露出の時期に備えて、エステで脱毛をしよう!という課題らしい。

毛のフシギについて、SPCレディー部員の疑問は尽きない。

・「ヒゲなんて剃るんじゃなくて、抜いちゃえば良いんじゃないの説」

・「男の人って、毛深過ぎても、処理してツルツル過ぎても、いけないから、

大変だよね説」

・「いい感じに腕とか脚の毛が薄い男の人は、もしかして頭の薄毛で悩む

のかな?説」

・「中学時代に出会った、頭頂部はさびしいけどものすごくカッコイイ先生の話」

・「まつ毛が自然とクルンってなっている人は何故なの?説」

などなど。

ちなみにレディー部員は誰一人として、”夏休みの宿題”をしていない。

【PM1:20 印刷所最寄り駅に到着】

編集長のり、昨日の電話連絡で、印刷所の方から「駅を出てすぐの

ビックカメラでお待ちしています」と言われたという。

ビックカメラ・・・・・・・ない。

ちょうど背後に交番があったので、おまわりさんに聞いてみた。

ビックカメラなんてないよ!ここから一番近くて上野だよ!」

レイアウトのん氏のお好きな、マッチョ系イケメンおまわりさんが

言うんだから、ないんだろう。

何かどこかで間違いがあったのかな?

でも無事に印刷所の方に会えたので、それでよし!ですね(^^)

データの入ったUSBを渡し、お別れする。

【PM1:40 近くのガストで昼食】

一足早く、入稿第一陣が済んだお祝いに、乾杯!

カルピス、アイスティー、カルピスソーダを、各自グビグビ飲む。

米!肉!炭酸!欲していたものをかき込む、寝不足部員たち。

(もっとも私は6時間睡眠をとりましたが^^;)

またレディーたちの話は、飛躍を続ける。

今度はひたすらお乳(レディー的に言うと胸)の話だ。

なんでこの話になったんだっけ?忘れちゃった。

でも、牛のと人間のを比較したり、ワコールのお姉さんの情報を

共有したり、至って真面目なんですよ!

そしてさらに、至って真面目に、どうしたら大きくなるか、

盛んに議論を交わしていましたとさ・・・

あと私が聞いて爆笑したのは、

一人暮らしの2人の、お風呂に入る直前の話。

開放的で野性的な生活の一部が垣間見えて、爆笑した!

これ以上は、本人じゃないので書きませんが(^^;)

【PM3:20 電車に乗り、各々降りる駅で解散】

そんなこんなで、入稿1日目を終えました。

SPCのレディー部員は、好奇心に正直なのです。

日々、こんなことを話しながら、笑いながら、SPCという雑誌をつくって

います。

そういえば今回の特集は「創る」。

このメンバーでつくれるのは、あと1号(><)

力抜かずに頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

(無理やりまとめたなんてことはない!)

完全に入稿が終わった明日は、のりほちゃんかのんちゃんから、

ブログ上でも報告があるのでしょーか?ないのでしょーか?

あるといいですね!

それでは(^^)/