読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立教SPCブログ

立教大学フリーペーパーサークルSt Paul`s Campusのブログです。

一年前の今日の日を...☆

こんばんは。3年のみよかわです。

更新が滞ってしまい、申し訳ないです。

気が付いたら10月、いよいよ後期も本格的に

学生生活が始動してきました。

立教のシンボル的存在のアイビーも

赤く衣替えを始めました。

この学校にいると四季があるっていいなって

改めて感じますね。

今日は11月に行われる学園祭の際に

発行予定のSt.Paul's Campus増刊号の

編集現場にお邪魔してきました。

毎年増刊号はその年に入った新入部員のみで

制作する記念すべきワンステップの一冊なのです☆

企画立案からデザイン、営業など雑誌制作にかかわる

すべてのことを一から学ぶ場でもあるんですね。

そんな現場を見ていてふと去年の今頃の

ことを思い出していました。

━━━━━━━━

━━━━・・・

私はSPCに2年生からの参加だったので、

昨年新入部員として増刊号を制作しました。

まだあまり話したこともないメンバーと一緒に

一つのものを作りあげるということは

予想していた以上に大変なものでした。

「はじめまして」から始まった企画会議。

無言の時間が怖くてしかたなかった夏休み。

締め切りを守らず怒られた日。

「自分らしい文章ってなにか」を

考えさせられた読み合わせ。

ただただついていくのに必死だったように思います。

でも、

終わったあとは

ただ楽しかった!

この増刊号がなかったら今頃私は

SPCの制作に関わっていなかったかもしれません。

文章を書くことよりも、営業をすることよりも、

「ただみんなで集まって何かをする時間」

それが純粋に楽しかったんですよね。

フリーペーパーとしていいものが作れたかというと

そうでもなかったかもしれませんが、

私にとって特別で大好きな一冊です。

この増刊号を見て入ってきてくれた後輩がいる

ってこともすごくうれしかった。

「楽しいーーーー!!」って気持ちが少しでも

読者に届いたのかなって思います。

私たちは企画を考えるとき、まず

「読者に何を伝えたいか」を考えます。

そして、それに興味を持ってもらうためには

どのような企画が面白いか

どのようなデザインがいいのか

を考えていきます。

〈自分たちが伝えたいこと〉

〈読者が知りたいこと〉

その双方を考えて企画を

練っていかなければいけません。

この二つのバランスってすごく難しいんです。

そこで登場するのはコンセプト。

私たちのコンセプトは、

『「好き」を見つける、「好き」を動かす。』。

これは私たちが読者の方に

SPCを読んで新たな世界の面白さに気付き、

少しでもその世界に興味を持ってもらえたら、

ちょっとでも新しい世界に挑戦してもらえたら

という思いからこのコンセプトを作りました。

去年の増刊号の企画や内容が

本当に読者が求めていたものだったかは

分かりません。

でも、この増刊号を通じて

フリーペーパーという世界を知ってもらえて、

このサークルに興味を持ってくれた子がいる

という事実がある。

それは何よりもうれしいことで、

価値のあることだと思うんです*^^*

今日フレッシュな増刊号の現場にお邪魔して、

大切なことを再認識したように思います。

ついに明日入稿の2009年増刊号。

私も手に取るのが楽しみです。

増刊号メンバー☆

いつも遅くまでお疲れ様!

明日、最後のガッツを見せてください☆

━━━━…

━━━━━━━━

私もあと一カ月で引退です。

もう隠居生活に入る気満々ですが(笑)

そうなると伝えたい思いがいっぱいですね。

厚かましく、長いブログですみませんw

あとここに登場するのは2回くらいでしょうか。

ちょっとさみしいですね。

あ、今月は更新がんばろうかな♪

立教大学の学園祭「St.Paul's Festival」

は池袋キャンパスで

11月1日から3日にかけて行われます。

もちろんSPCの増刊号も配布しますよー♪

表紙とかはそのうち誰かがUPして

くれる・・・はず!

今年も素敵な表紙なのでご期待くださいw

見かけたら手にとってくださいね☆

マックのポテトを早食いしすぎて

おなかを壊した3年みよかわでした☆

ながながとごめんなさいw

ではではーまた逢う日まで☆