読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立教SPCブログ

立教大学フリーペーパーサークルSt Paul`s Campusのブログです。

裏表紙の裏話

こんばんは。

しそペプシを飲み物として認めない辻です。

あの緑色は昔、野球部の部室を大掃除していた時に

奥の棚から出てきた「ゲータレイド」というスポーツ飲料(無色透明)の

おぞましく変色したやつを彷彿とさせます。

あれは軽いトラウマです。

★さて、本日発行のSPC90号の表紙も

全面しそ色…もとい緑色です。

ポイントカラーはシアン・マゼンタ・イエローのインク三原色。

↓でみよさんが小悪魔っぽくチラ見せしてくれていますね。

近日中にビバ編集長もアップしてくれることでしょう。

裏表紙は麗しい男性方のキラキラオーラが印象的な劇の広告です。

鑑賞した部員によると非常に楽しかったそうなので、ぜひご覧になってみてください。

が、実はこの劇の広告の掲載が決定していない段階において、

念のため作ってあった幻の裏表紙が存在しているのです。

それがこちら↓

製作段階なので真ん中に作業用ラインが入っています。

立教大学 St.Paul’s Campus

アリが這ってます。てんとう虫もまぎれてます。

「What are you going to do during this summer?」という無意味な文は

私の危ない英語能力を限界まで駆使したものです。

反転したビッグな白ロゴが一応気に入っています。

正直、個人的には表紙よりも良い出来だと思っていました。

作ったものがボツになるなんてよくあることです。

そして私は曲がりなりにもプロを目指している身です。

それこそ自分のデザインを罵倒され踏まれ蹴られて

3日間寝ないで作ったラフを目の前で燃やされたりしても

こりずに頑張れなければその道で生きていけないでしょう。

さすがに燃やすとかしないだろうけど。

というわけで、謹んでこの場をお借りして

幻の裏表紙として公開させて頂きました。

こういう場があるというのはとても幸せです。

1冊の無料の雑誌に、メンバー全員の3ヶ月の時間と想いが詰まっています。

文中の一つの単語にも、デザインのごく一部分にも、

はちきれそうなくらい詰まっています。

そんなことが自然と伝わる雑誌になっていればいいな、と思います。

今回の第一特集「理系を知りたい。」では企画提案者だったので

まだまだ裏話があるのですが、

それはまた次の機会に。

取材にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

また此度も新座事務所の萩原さんには物心両面で支えて頂きました。

心より御礼申し上げます。

そしてみなさん、お疲れ様でした。

納会や合宿楽しみだねはーと

…って私が言う時のみんなのイヤそうな顔が目に浮かびます。

気にしなーいキラキラ*

しばらくは学内で雑誌を手配りします。

2限の前とお昼休み前後です。

だいたい静かな場所で何か呟きながら渡してくるのが私です。

遭遇したらさりげなくもらってあげてください。

ではでは長文失礼しました。

晩酌は黒糖梅酒(ソーダ割)  3年 辻